お茵(おしとね)【有職畳】を研究・製作致しました。

茵(しとね)製作【有職畳】

御茵(おしとね)を研究・製作いたしました。

茵(しとね)とは?綿入りの畳で、畳表(ござ)を5枚重ね、鏡と呼ばれる中央部分には、綿を乗せ白地の大和錦を被せてあります。額縁の四方には赤地の大和錦の中に綿を入れて作られています。

普段とは違う綿の入れ方を研究し、いつもと違った製作方法を研究致しました。

 
学ぶ機会を頂いて、学んだ事を復習する時、同じ様に製作し精度を高めるだけではなく、新しい事にチャレンジする事で違った側面を見る事が出来て、また新しい勉強の始まりです。畳職人として、引き出しを増やして中身を充実させる努力を続けていく。そんな職人であり続けたいと思います。