夢と向き合うこと。

読まれた方は「夢」ってお持ちですか?

私にはいくつかあります。

  • 金井畳店を五代目へ繋げたい
  • 畳をもっと上手に造れるようになりたい
  • 同じような想いと情熱を持った職人を育てたい

実現可能な夢。実現が難しい夢。どちらもどう向き合うかによる事は間違いないと思っています。

「夢と向き合う」ことの本質って、情熱を持ってあきらめない事だと私は考えます。

針を持ったことがなく、針に糸を通した事もなかった青年が、今年「畳技能士」として様々な人の教えを頂きながら、プロになりました。初めは家業を継ぐつもりがなかったとしても、この業界に入って、情熱を持ってあきらめなかった事が、プロへの道を切り開いたのです。

夢を応援してくれる職業や会社、熱い夢を持った情熱のある方との出会いもあった一年でした。

「夢はかなう!!」って、口で言うほど簡単でないことはみなわかっていると思います。どんな気持ちで、どのように向き合ったのか?

これからも決してあきらめることなく、実現したい夢に向かって、夢と向き合い続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.