江戸の粋を今に伝える【すし屋の野八】さん。

「こんな時だから畳張替なくちゃね!!」豪快に笑って話すすし屋の二代目は私の中学時代の同級生。

浅草にある江戸前鮨の名店です。写真は彼の作る一粒すし。通常の鮨と比べると明らかに大きさが違い、米粒一粒で作られています。彼の素晴らしい技術とすしにかける想いがたくさん詰まったすしです。

私は彼のことを昔から粋に感じていました。祭りをこよなく愛し元気でいつも笑顔です。厳しい現実の中でも彼の粋はいつも以上に、見事に華を咲かせていました。

若旦那、ありがとう。落ち着いたらまたおすし食べに行きます。

座敷の畳を張替させて頂きました。一年半倉庫で寝かせたイグサの太いしっかりとした厚みのある畳表での張替です。長く美しくそして丈夫に野八の座敷を支えます。

お近くにお越しの際は是非浅草で、美味しいお寿司と江戸の粋を感じてもらえればうれしいです。お店の紹介です。

【すし屋の野八】

所在地: 〒111-0034 東京都台東区雷門1丁目3−7 電話: 03-3841-3841

 

二代目若旦那のブログです。こちらよりご紹介いたします。日々の美味しいネタの紹介など盛りだくさんな内容になってます。