初めての畳替え
  • TOP >
  • 初めての畳替え

初めての畳替え まず畳ってどのような構造で出来ているのでしょうか?基本的には「畳表・畳床・畳縁」この三つの材料を縫い合わせて畳になります。それぞれの材料に種類があり、畳替えの仕事の種類も様々です。お客様のライフスタイルに寄り添う形でのご提案・製作をさせて頂きます。

  • 畳表(たたみおもて)

    畳表

    畳のお顔になる部分。
    イグサで織り込まれたゴザになります。生産地・いぐさの品種や織り方があり、様々なグレードに分かれます。実際の畳表を目で見て・手で触ってその質感や表情をご確認、ご検討頂けます。

  • 畳床(たたみどこ)

    畳床

    畳の芯になる部分。
    気候の変化にぴったりの天然素材の畳床からバリヤフリー対応住宅に向けられた薄畳タイプの畳床まで色々な特徴と厚みがあります。 お住まいの立地条件・環境、使用頻度に応じてご提案させて頂きます。

  • 畳縁(たたみへり)

    畳縁

    畳のふちに付く帯のようなものを畳縁と呼びます。
    畳縁は装飾性やデザイン性を高め、耐久性など機能保持の役割をはたします。お客様の好みや、お部屋の雰囲気に合わせ、実際のサンプルからお選び頂けます。

畳替え 基本のお仕事

新畳(しんたたみ)

畳表・畳床・畳縁、すべてを新しくする畳になります。
弾力性が無くなったり凸凹が激しくなったり隙間が出て来たり、畳床まで濡れてしまった場合などに、全て新しくします。お部屋に合った形に、畳の寸法を割付け、製作致します。新畳(畳替え)は様々な畳床と畳表、畳縁を組み合わせる事が可能です。

新畳
目安
お使いの畳の仕様や使用頻度にもよりますが15年以上が 新畳に入れ替える目安になります。
詳細ページへ

表替え(おもてがえ)

畳表・畳縁を新しいものに張り替えます。
畳床はそのまま補修を施しつかいます。
※畳床の状態の悪い場合は新畳をご提案します。

表替え
目安
毛羽立って衣服に付いて来たり、キズや汚れが目立ち畳表に光沢感が無くなってきたら表替えの時期です。
およそ5年~10年位が表替えの目安になります。
詳細ページへ

裏返し(うらかえし)

畳表は表と裏と両面あります。
畳表の使っていない裏面を表に返す事を裏返しといいます。
※畳自体を裏返すことではありません。
 状況により裏返しできない場合があります。

裏返し
目安
新畳・表替えをしてから3~5年位で裏返しをすると綺麗な色合いが出て美しく仕上がります。
畳縁を新しくしてお部屋の清掃とイメージチェンジができます。
詳細ページへ

上記以外にも、和室だけでなくフローリング床等の洋室でも使用できる
「置き畳」や「カラー畳」・「へり無し畳」等があります。
お客様の生活シーンに合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。

お客様の生活シーンに合わせて

へり無し畳(琉球畳)

へり無し畳とは、畳のフチの無い畳の事です。
最近では「琉球畳」とも呼ばれています。
畳表を幅方向に折り曲げて袋状に作ります。
半畳のへり無し畳を互い違いに敷くと畳の目が光の当たり方で
市松模様にみえます。

へり無し畳
特徴
・畳同士の境目にへりが無いためお部屋が広く見えます。
・畳表を折り曲げた部分が強度的にへり付き畳より弱い。
・製作工賃がへり付きよりコスト高になります
詳細ページへ

置き畳

大きさ・厚み全てオーダーメイドで制作可能です。
低価格の置き畳とは違い、畳店が制作する置き畳はメンテナンス(表替え)が可能です。柔らかくクッション性をもたすことも可能です。
最近ではフローリング畳・リビング畳・ユニット畳など様々な呼び方がされています。

置き畳
特徴
・ちょっとしたスペースに寝ころぶ空間を作れる。
・取り外し可能。お部屋の清掃も楽になります。
 又、お部屋全体に敷き詰め、和室に替えることも可能です。
詳細ページへ

カラー畳

和紙やビニールを原料とした人工科学畳表を使用した畳になります。
様々なカラーバリエーションがあり、
お客様のお部屋や好みに合わせた空間を演出します。

カラー畳
特徴
・豊富なデザイン・カラー。色変わりがなく耐久性が高い。
・人工加工製品ですので天然イグサと違い呼吸しません。
・お使いの環境にもよりますが、カビやダニの発生を抑え、
 防汚加工で清掃が簡単です。
詳細ページへ
ご注文の流れ(基本例) ご連絡→お見積もり→正式にご注文→採寸→工事日の決定→納品・ご精算 商品についてご不明点ございましたら、下記連絡先までお気軽にご連絡・ご相談ください。