台東区浅草にて健康檜畳(ひのき)畳床を使用した新畳への畳替え

檜「ひのき」をリボン状にカットしたウッドウール(木毛)を畳のサイズに積層して、縫い合わせたものが「ひのきの畳床」です。この度畳の芯材から新しく入れ替える新畳入替工事を承り、畳の芯材としてお選びいただきました。

特徴として以下の特徴が挙げられます。

①畳床の強靭性=弾力性
②畳床の調湿能力
③畳床の防ダニ・防カビ性能

他の畳床と比較しては以下のような違いが考えられます。

建材畳床(化学畳床)と比較してのひのき畳床の優位性
① 素材を縫い上げる事による適度なクッション性
② 水分を吸って吐き出すという調湿機能
③ 自然素材で環境循環型の製品

ワラ畳床と比較してのひのき畳床の優位性
① カビ・ダニ等が発生しにくい抗菌・防ダニ効果
② ヘタリ等による劣化が少ない耐久性
③ 水分を吸って吐き出すという調湿機能
④ 重量30キロ以上のワラ床に比べ軽い作業効率性

檜(ひのき)畳

檜の畳床と天然イグサの香りがお部屋に充満しました。

機密性が高いお部屋の中で畳がもたらす調湿機能はとても快適に過ごすことが出来ます。

適度な足触りと檜とイグサの香り。

台東区浅草のお客さんへお届けいたしました。東京23区や関東近県でしたらご遠慮なくお申し付けください。